私達は、毎日夕飯時、レタスを頂くようにしています。



レタスは野菜の中でも足が速いイメージがあるかと思います。


最後まで使い切れずに、廃棄してしまうこともあるのではないでしょうか。



ちょっと待ってください!



ケチ活オネエの手にかかれば、レタスを一週間以上余裕で保たせることができますよ☆



ゆういずみです。


今日は、ボリュームラッシュのお客様が多いですよ☆

ボリュームラッシュとシングルラッシュの違いについての動画を、YouTubeにアップする予定です。
ぜひご覧くださいね☆



テーマ

  • レタスを一週間以上余裕で保たせる技
IMG_5681




では本題に入ります。

そもそも、葉物野菜が傷みやすい原因は何でしょうか。


圧倒的に乾燥が原因


と言われています。

この乾燥さえ克服できれば、大分長く使うことができますよ☆


まず、その日使う分のレタスを剥がしたら、芯の傷んできた部分(変色して赤くなってきたところ)を、1ミリくらいの厚さで切ります!

他にも赤くなっている箇所がありましたら、その部分だけを切り落としてくださいね。



次に、ビニール袋に入れるのですが、その切った芯の部分が、ビニールに密着するようにします。

そこでしっかり空気を抜いて、さらにもう1枚のビニール袋で覆います。


つまり、2枚のビニール袋でレタスを包み込みます。


使用する度にこれを繰り返せば、夏季でさえも、一週間以上余裕で保たせることができますよ☆




まとめ

  1. 赤くなったところを切る
  2. 芯をビニール袋に密着させて包む
  3. ビニール袋は二重にする


以上です。


夏には倍以上に値上がりすることもあるレタス

ぜひ最後まで美味しく頂きたいですよね。

よろしければ、お試しください!



最後まで読んで頂きありがとうございます。
読者登録やお気に入り登録、YouTubeもぜひお願い致します☆


スポンサードリンク