こんにちは☆

もう少ししたら、

一口IHコンロでの自炊生活をスタートさせようと思っておりますよ☆


今までは、

三口のグリル付きコの字キッチンを使用してきました。


あまりにも料理がしやすすぎる環境でしたから、今後は料理がストレスに感じるかもしれません。

ですが、

一口のIHでもこのように出来るのよ!


というのを色々と挑戦していきたいと考えておりますよ☆



ゆういずみです。



IMG_8470


時短、快適さ、健康



これらには、お金を惜しまず使うスタイルです。



皆さんは、無洗米って使ったことありますか?



テーマ


  • 無洗米のメリット
  • 水の量が大切!
  • 無洗米専用計量カップ



1.無洗米のメリット



まず、無洗米を使うことによってどのような良いことがあるかを見ていきましょう。


これは私のすべての記事やYouTube動画でも言えることですが、
あくまでも私の個人的な意見や考え方を述べていますので、そうではないよ、という方もいらっしゃる前提でのお話です。


  • 水道代節約
  • モノや時間の節約

まず、水道代が節約できます。

その名の通り無洗米は、洗わずにそのまま炊くことができるのです。

お米を研ぐとき、水をたくさん使いませんか?

その分の水を使わずにご飯が食べられる、まさにケチ活です!



そして、

基本的に炊飯器の釜で米を研ぐのはあまり推奨されていません。

コートを傷つけてしまったり、消耗が激しくなるのでしょう。



そこで、米を研ぐためのザルやボールがありますよね。


実家や元パートナーは、そのような米を研ぐ時だけに使用するものを使っていました。


家のスペースが広い方や、ザルから炊飯器に研いだ米を移す作業が苦にならない方はいいと思います。




私のこんどの家には、十分な保管スペースもありませんし、時間を少しでも短く済ませたいので、無洗米は使うこと不可避なのですよ☆


米研ぎのザルそのものや保管スペース、そして研ぐ時間も節約できるのが無洗米です。



2.水の量が大切



無洗米、良いことだらけですが、

炊くときには

ちょっとしたコツ


がいります。


無洗米は、私達が米を研ぐ必要がないように、糠や米の周りの色々なものが取れた状態で販売されます。
なので、通常の米に比べて一粒一粒がほんの少し小さいのです。


ここで考えてみてください。


通常の米を研ぐとき、乾いた米を計量カップすりきり一杯で一合としますよね。

ですがここで計った一合は、

これから研がれて洗われることを前提とした一合。




無洗米はどうでしょうか。


先程書いたように、通常の米よりも粒が小さいため、計量カップすりきり一杯同じ量をとったつもりでも、精米と比べ少し多くなるのです!



一般的な計量カップ、または炊飯器の釜の水量の目安線は、精米を基準に作られています。


これに合わせて炊いてしまうと、精米より硬く炊けてしまうのです。


しかも、炊き上がりは予想よりも多いです( ̄▽ ̄)


三合炊きの炊飯器で無洗米を通常の炊き方で炊いたとき、容量オーバーで蓋についてしまったことがあります…


一合につき10ccくらいでしょうか。
多目に水を入れて炊飯する必要ががあるのです。





3.無洗米専用計量カップ


そこで大変便利なのがこちら




こちらはすりきりで無洗米一合分ですので、大変便利ですよ!☆


計量カップの中には、無洗米の線があるものもありますが、合わせるのに苦戦しますよね。

こちらはすりきり。無洗米専用なのです☆


無洗米を利用される方の、強い味方ですね!


無洗米派の方は、ぜひチェックされてみてくださいね!



それでは
また後ほど。
スポンサードリンク