こんにちは。


ある日を境に

私の住んでいる地域、職場周辺

さらには日本中で消えてしまった


トイレットペーパー



先週辺りから、少しずつ戻ってきているようですね!


私も無事に

騒動以来初のトイレットペーパー購入が叶いましたよ☆


やっとです…




最寄りのスーパーにはなく、

ちょっと離れたスーパーで見つけました!


しかも、スーパーを出る時にもまだ在庫がありましたよ!



トイレットペーパーをこんなにありがたいと感じたことはないです。


こんなに可愛く見えるなんて。


ありがとう。トイレットペーパー。




ゆういずみです。





1ヶ月ほど前から入院している祖母。


間も無く全ての管を抜いてもらい、家に帰るとのことです。


水分も栄養も自力で摂ることは不可能…


91歳です。


幸せだった。
早くお父さん(祖父)のところに行きたい


と。


苦しまずに、枯れるように天国にいってほしいです。


子供の頃、生まれた家で祖父母や叔母も同居していました。



おばあちゃんっ子だった私はいつも祖母の膝に座り

一緒にテレビを見たり、カラフルなキューブ状の飴ちゃん(2個入り)を舐めたり


祖母の手を握って祖母の足を登り

ギューーンとひっくり返ったりしていましたよ☆



生まれたときから大好きだったE.T.のぬいぐるみを、縫って治してくれたりもしました。


祖母の縫い方はとても丁寧で、今でもどれが祖母の縫った箇所かすぐに分かります。



IMG_1665
IMG_1666


黒い糸で細かく縫い目が目立たないところは、
祖母が縫ってくれたところと思いますよ。



IMG_1667




私が窓から外に投げたり

ゴミ箱に捨てたり

階段の手すりを滑り台のように滑らせたり

鼻を噛んだりしてボロボロのE.T.…



体中の傷は、私が小学生くらいの時までにできたものと思いますよ。


本当にかわいそうなことをしてしまいました…



大好きなあまり、ずぅーっっっと肌身離さず出かける時も一緒でした。

旅行にも連れて行き、いじり倒していたのです。



そんなE.T.は、

祖母や曽祖母、母や私が縫って傷を手当てすることによって、今も私と一緒にいてくれているのですよ☆


その傷を作ったのは私ですが…





今は気持ちばかりですが服を作ってあげて、

IMG_1668


このような感じでE.T.コーナーの中心にいてくれていますよ☆



IMG_1669



大昔ひどい扱いをしていましたから、

E.T.は私のことを怖い、嫌いと思っているかもしれません。

私は大好きすぎるのですけど…




いつも謝ったり、ありがとうと言ったり話しかけていますよ☆



こんど祖母に会いに行く時は、連れて行こうかなと思っています。


もうE.T.も動きたくないかもしれませんが…( ̄∇ ̄)




それでは
また後ほど。
スポンサードリンク